南高梅

1.下ごしらえ
梅を水でよく洗い1~8時間ほど水につけあく抜きをします。
ヘタを取って鍋で茹でます。
表面に亀裂が入り、箸を刺すとすっと入るくらいの柔らかさになったら火から下ろします。
茹ですぎると果肉に水分が多くなり香りが薄くなりぼやけた味になるので茹ですぎないでください。
ume_01

2.あく抜き
水につけ粗熱をとります。
最初のあく抜きの時間が短い場合、さらに1時間ほど水につけてあくを抜きます。
長めに水につけた場合は粗熱が取れたら水を切ります。
ume_02

3.剥がす
梅の実を、手で一つづつ握りつぶし果肉を剥がしていきます。
ume_03

4.煮る
果肉500gにたいしてグラニュー糖400gを入れ煮詰めていきます。
梅はペクチンが豊富なので煮すぎると硬くなります。
少し柔らかいかな、というくらいで火を止めます。
ume_04

4.煮る
若い実は南高梅でも青い色をしていますが、数日で黄色がかった明るい色に変化していきます。
色が黄色やオレンジ色になってきてからジャムにすると、黄金色の鮮やかな色合いになりフルーティーで上品な味のジャムになります。
お好みの熟し加減の梅を使って試してみてくださいね。
ume_05

2015-09-04 | Posted in 自家製フィリングレシピNo Comments » 

関連記事